腰部脊柱管狭窄症(LSCS)とは?

腰や足に痛みやシビレのある人
(年齢50歳以上の人)に最も多い病気です。

腰部脊柱管狭窄症の実体

腰椎の中には細長いトンネルがあり脊柱管と呼ばれます。

その中には脊髄が納まっておりますが、老化とともにその脊柱管の中にいろいろの障害物(椎間板、骨棘、黄靭帯)などが飛び出して来て、中の脊髄・神経を圧迫するようになります。これが脊柱管狭窄症と呼ばれるものです。これによって腰だけでなく下肢に行く神経が圧迫されますので、坐骨神経痛が起きます。

(腰痛、下肢の痛みやシビレ)



症状の特徴は

1 腰・下肢の痛みやシビレ
2 歩くと痛み・シビレがひどくなり歩けなくなるが、
  立ち止まって休むとまた歩ける(間歇跛行)
3 立って同じ姿勢でいると下肢がシビレて来る
  診断の決め手は
  MRI検査で、狭窄部位が明確に判ります。
  レントゲン写真だけでは判断できません。

治療方法

保存療法と手術療法があります。

1 保存療法(手術をしない方法)
  発症後3か月は行ってみます。
  薬の内服、注射
  神経ブロック
  リハビリ  理学療法士による筋力強化など
  理学療法  牽引、超短波、低周波、光治療器など

2 手術療法
  次のような症状の場合は手術が必要です。
  保存治療をしても効果がないとき
  症状が激しくて辛抱できないとき
  下肢に麻痺が出てきたり、排尿障害が出てきたりしたとき
  (緊急に手術を要することがあります)